FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和装のお勉強 (ー_ー)!!

みなさん こんにちは。 堀尾です
あっという間の1週間ですね
そして あっという間のもう6月です!!


今日はちょっと和装の小物についてお話をさせていただきますね。
皆さんは 花嫁の和装の際の「和小物3点」をご存知ですか?

ウェディングドレスの時には 新婦はブーケを持ってますよね。
では和装の時は…
和ブーケ もちろん和装用のブーケもありますね



「扇子」
はすぐに思いついた方は多いでしょうか?
その他に必ず身に着けるものがあるんです。




「懐剣」 と 「筥迫」
和小物
読み方難しいですが「懐剣:かいけん」と「筥迫:はこせこ」です。

扇子もおめでたい席では「末広:すえひろ」と読むのが一般的です。ご結納でも目録には、寿恵広、寿栄広と書きます。

「末広・寿恵広・寿栄広」とは婚礼用の扇子です。
先に向かって広がっていく形状から、将来へ末広がりに幸福と繁栄が与えられますようにとの願いが込められています。
結納時の「末広」は白い扇子を2本で1対とし。純潔・潔白などの穢れのない無垢な事を意味します。
打掛の時の「末広」は両面に金銀をあしらったもの。房飾りは打掛に合わせて華やかなものがございます。
白無垢の時の房飾りは真っ白です

「懐剣」とは打掛を着るときに帯にさす短剣です。
かつて武家に生まれた女性は護身用に短刀を所持し、この習慣はだんだんとたしなみに近いものとなり、婚礼の際には嫁入り道具の一つとなりました。
剣は大昔から神の宿るものとして神聖なものとされ、多くの儀式で魔除けのお守りとして用いられてきました。婚礼では新たな人生に旅立つ花嫁を様々な災いから守る役割とされ、夫婦円満・無病息災を祈るお守りとされます。武家への憧れから、明治以降には庶民も婚礼衣装の胸元にさすようになったといわれています

「筥迫」とは女性和装の正装、打掛を着る際に用いる小物入れです。胸元の合わせに差し込まれる箱状の装飾品です。華やかな刺繍であったり、飾り房の付いたものなどもあります。かつては身だしなみの必需品で実用的な嫁入り道具の一つでした。懐紙、鏡、紅、お香やお守りなどを入れておく和風の化粧小物入れです


以上「和小物3点」です。
ウェディングのベールと同じように和装の小物にも、1つ1つ意味があります。
ドレスでの挙式の際に、お母様にベールをおろしていただくセレモニーがありますね
「ベールに身を包んで災いから身も守り、そして送り出す」というセレモニーです。

和装の小物でも「懐剣」などは同じ意味があります。和装の最後のお整えをお母様にしていただき送り出していただく…和装でも素敵なセレモニーができますね


ひとつひとつに意味があると思うと やっぱり和装も素敵ですよね
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

Jyoseikan Wedding Staff

Author:Jyoseikan Wedding Staff
7人のウェディングプランナーが、ウェディングのこと、城西館のこと、はたまた趣味に至るまで自由に更新して行きます!お楽しみに…♪

FC2カウンター
最新コメント
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。